考えたこと、感じたこと----以前より能力アップしたと感じたりも

  • 2017.03.09 Thursday
  • 21:43

以下は私が脳出血発症(2014/11)以降、入院・手術〜リハビリ〜復職

〜現在までの経験・体験を通じて考えたこと、感じたことなどです。

 

****************************************************************

左足の後遺症はかなり回復してきたとは言え、歩行をはじめとして色んな

面で発症前とは大違いですが、以前よりも能力がアップしたかもと感じる

ことも沢山あります。例えば、

 

・注意力、危険察知力

・(人間)観察力、洞察力(ほんまかいな・・・・)

・どんなときでも楽しもうと考える力? 楽しみを見出だす力

・知的好奇心

・コミュニケーション力、情報発信力

・明るさ

・落ち着き

・精神力、忍耐力、粘り強さ、折れない心

・包容力?

・許容する力? 許容する範囲

 ----些細なことにイラッとしたり怒ったりしない

   ほおーっ色んな人がいるもんやなとか

   人は人、自分は自分

   他所(よそ)は他所(よそ)、ウチはウチ

・起こってしまったことに対して必要以上にどうして?と考えたり、

 ○○するべきだったとか後悔しない力(?)、割り切り力?

・何とかなる、なるようになるといった楽観的・楽天的な考え方

・何とかする/何とかしようとする力、(ちょこっとした)意思力

 

などなど。

 

復職して約2年間、出張(北海道〜九州)や全社の基準作り、研修講師

といった実務等の経験・実績を通じて、今後色んなことがあっても何とか

なるかな?ある程度は対処できるかな?と言った自信のようなものもでき

ました。もちろん、様々な助けを借りながらですけどね。

----会社、同僚、家族、友人・・・・

  「家族力」「友人力」といった言葉があるとすれば、結構重要です。

また、病気や怪我をした他の人の気持ちなども多少は理解し得ることに

つながるのかなとも思います。

 

などと前向きなことを書いていると、考えが整理されてきたり気持ちが

明るくなったりしてくるのです。言葉のマジックかもですが。

 

コメント
頑張ってますね!

同じように感ずる事も多いですね。
身体的に出来る事もそうですが、心の許容範囲の広がりのほうが大きいように思います。

アクティブな行動はアクティブな心が生み出す! ですね?!

私はちょっとだけ足踏みしてますが、それもまた必要な事として許容範囲の中のに取り込みたいと思います。

では無理せず、更なるアクティブを頑張って下さい!
  • ボンズ・デ・ニーロ
  • 2017/03/12 10:50 AM
☆ボンズ・デ・ニーロさんへ

コメントありがとうございます。
おー、同様なことを感じておられましたか!
身体的なハンデがあったりすると、自然と心理的なことや内面的なことを考える/重視するようになったりましますね。

>アクティブな行動はアクティブな心が生み出す! ですね?!

確かにこれは言えると思います!
それと、アクティブな言葉も重要ですよね。
お互いに無理せすアクティブにがんばりましょう!

コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブログランキング

プロフィール

2014年11月に脳出血を発症したものの、3ヶ月半の入院・リハビリ生活を経て無事に復職。現在も左足麻痺やバランス障害の後遺症が根強く残っていますが、往復4時間半の遠距離・長時間通勤、フィットネスクラブでのトレーニング、近代建築探訪やまち歩き、映画やクラシックコンサート鑑賞などで忙しく出歩いて、日々アクティブリハビリを実践しています。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM