6/18の大阪北部地震の後

  • 2018.06.29 Friday
  • 23:19

6/18に大阪の北部で発生した震度6弱の地震。


私は元々、脳出血の後遺症で左足がグラグラしたり、歩いていても時おり「目まい」が起こったりはありました。そして、6/18の地震を出勤途上の地下1Fで体験し、多少その影響が残っています。例えば、路面・地面が揺れる、動くような感じがそれまでよりもやや大きく、何となくまた「ド・ドーン」ときそうな(きたらヤバいな)との思いなどもありますね。転倒やケガはなかったものの、もろに凄い揺れ/振動、衝撃、音に巻き込まれたので、バランス障害や感覚麻痺が残る身にはやはり何らかの影響があるみたいです。

 

ちなみに、大きな「目まい」→椅子から転落した年明け1月は、3連休などもあったため、それ以外の休み取得は2.5日でした。内、1日は通院・検査です。結局、歩行も含めて調子が戻るまでに約1ケ月かかったでしょうか。「目まい」→会社医務室で休憩させてもらった今月上旬は、休み取得:1日。歩行も含めて復調するまで約5日でしたが、そのすぐあとにガーンの地震に遭遇!。で、歩行も含めて調子が戻るまで約1週間かかりました(涙)。


また、地震は別としてもう少し考察すると、通勤ルート上で「目まい」が誘発されやすい場所が幾つかあります。例えば、路面・床面のタイルの柄パターンなどで「目まい」を起こしやすいもの/所もあるようです。また、狭いところから少し広い・開けたところに出たりすると、一瞬広さや大きさの変化にとまどうのか「目まい」を起こしやすい気がします。広い、目標となるものがあまりない場所では、真っすぐ立っているのかの基準を見失うような感覚もあるのでしょうか。このあたりはなかなか複雑?微妙?ですし、説明しづらいですね。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ブログランキング

プロフィール

2014年11月に脳出血を発症したものの、3ヶ月半の入院・リハビリ生活を経て無事に復職。現在も左足麻痺やバランス障害の後遺症が根強く残っていますが、往復4時間半の遠距離・長時間通勤、フィットネスクラブでのトレーニング、近代建築探訪やまち歩き、映画やクラシックコンサート鑑賞などで忙しく出歩いて、日々アクティブリハビリを実践しています。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM