地震発生の後(体調乱高下、波乱万丈、激動の2週間−4)

  • 2018.06.25 Monday
  • 23:38

地震発生後(続き)です。

 

★0618地震DSC_0559_450.jpg

 

・アナウンスに従い、地下鉄&京阪・淀屋橋駅の改札階(B1F)から地上へ。
・とりあえず、腰壁にもたれて一息つく(何せ歩いているよりもただ立っていることが一番苦手なもので)。

花壇の縁石に腰かけている人もおられましたが空席なし(汗)。立ったままの人も多数おられ、皆さん、携帯で連絡をとったり情報収集されているようでした。多少ザワザワしている程度で時に混乱はなく静か。
・妻からLINEあり、お互いの無事確認。その他、家族や実家の母の無事なども確認。
・会社で登録している安否確認システムから地震安否確認メールが入っているのに気づき、本人・家族の無事などを連絡(登録)。社用携帯は恥ずかしながらバッテリー切れでしたが、プライベート携帯にも
安否確認メールが届いていたのでそちらで処理。
・上司ともメールで直接やりとりし、淀屋橋の地上で電車再開待ちと伝える。
・何度か上司とやりとりし、安全な場所に移動して安全確保第一で行動を等の指示を受ける。
・交通手段があれば帰宅しても良い。タクシーの利用も可とのこと。

・とりあえず近くの喫茶店(地上の店舗)に入って座り、コーヒーを飲みながら落ち着いて情報収集し、以降の行動を考えることに。
・30分後、京阪や御堂筋線が動いていないため、御堂筋を心斎橋方面に向かって歩き出す(出社は諦めました)。転ばぬ先の杖持ち歩行ですが、徒歩のみでも1時間弱で帰宅可能との自己判断でした。
・空車のタクシーを探しながら歩いていましたが、当然つかまるはずがなく、結局、2駅分を歩いて心斎橋駅に到着。

・妻からのLINEで長堀鶴見緑地線が運転再開したことが分かったので、それに乗車。多少混んでいましたが、ラッキーなことに座れました。

・2駅乗って自宅最寄り駅に無事到着。

・ところが、自宅マンションのエレベータが当然のことながら止まっていて8階まで階段で上がる。日頃のアクティブリハビリのお陰で、このくらいは杖片手歩行でも問題なし(笑)。

・自宅内は息子がコミックスを並べていた小さな本棚が倒れたり、本が落ちた程度ですみました。写真は寝室にある私の本棚です。

★0618地震DSC_0561_450.jpg

 

★0618地震DSC_0562_450.jpg

 

★0618地震DSC_0560_450.jpg

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ブログランキング

プロフィール

2014年11月に脳出血を発症したものの、3ヶ月半の入院・リハビリ生活を経て無事に復職。現在も左足麻痺やバランス障害の後遺症が根強く残っていますが、往復4時間半の遠距離・長時間通勤、フィットネスクラブでのトレーニング、近代建築探訪やまち歩き、映画やクラシックコンサート鑑賞などで忙しく出歩いて、日々アクティブリハビリを実践しています。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM