めまい、暗さ、雨、雪?

  • 2018.01.22 Monday
  • 22:30

先日の「目まい→イスから転落」があって以降、それと同様な大きな目まいこそ殆どないものの軽い目まいが時折起こっています。その影響もあってか、12月中旬頃までのかなり進んでいた歩行改善も少し後退し、現在は歩行時の「ヨタヨタ・グラグラ感」が多少増しています。感覚としては歩行改善度合いが3ケ月分くらい逆戻りしてしまった感じでしょうか(涙)。何せいったんは5km超の連続ジョグ走(もちろん杖なし)までできちゃっていましたからね。

さて、10月半ばに一度「これからの時期、暗さが最大の敵?」という記事を書きました。そこに上記の「目まい」やそこから来る「ヨタヨタ・グラグラ感」が加わり、更には今日のような雨(傘が不可欠)となると、会社帰りの暗〜い道ではかなり怖さや転倒リスクが増しますね。これにもう一つ「雪」が重なったりすると……ああ、恐ろし。まあ、会社のある京都は寒さが厳しくても積もるような雪が降るのは2年に1回くらいなのですが(こちらなど)。
コメント
今日は多少懸念していたような雪にはならず、ホッと。
また、帰りに大阪のかかりつけの医院で薬をもらおうといつもより一時間近く早めに京都の会社を出ました。冬で日が短いとは言え、このくらいの時間に会社を出ることができるとまだあたりも明るく、かなり余裕を持って(たとえグラグラはしていても、さほど恐怖感なく)最寄り駅まで歩くことができました。
やはり、暗さが最大の敵であることを再認識です。
  • ひろ009
  • 2018/01/23 5:26 PM
もうひとつ再認識したことは、(朝の出勤時には分かっている/感じていることですが)明るい状況でさえあれば、身のこなしや歩行そのものはやはりかなり改善が進んでいるということです。

復職してすぐの頃は怖かった路面の凸凹・うねり・傾き・段差なども今は殆ど問題や恐怖感もなくヒョイヒョイと歩けますので。

総合的に考えると、趣味である/趣味であったマラソンや山歩きの(完全)復活を諦めてはいませんが、もっとロングスパンの計画でゆっくりと回復を目指すべきなんでしょね。

  • ひろ009
  • 2018/01/23 5:53 PM
ヒロさん無理せず時間をかけてゆっくり、ケガに注意して体調を以前に戻してください。
去年は、出張、海外旅行、ジョグ走、杖無し通勤のトライなど忙しすぎたのではないでしょうか?
私も良くPTの方に忙がずゆっくり時間をかけてリハビリしましょう、と言われます。
私は、まだまだフリーハンドで歩くには左足に体重をかける事に慣れることが必要と担当PTに指摘されました。
膝立ちでのバランス保持、ブリッジ20回、杖のみで、階段昇降をして、床に貼られた白線テープの上を30mワイドベースにならないように、フリーハンドなど仕事帰りに、毎日約1時間のリハビリに通っています。最近は足の筋肉痛もなく慣れてきました。
フリーハンドで歩けるようになるのに半年〜1年計画で挑みます。
ヒロさんもゆっくりゆっくりです。
  • yamayama82
  • 2018/01/23 6:24 PM
☆yamayama82さんへ

コメント・アドバイスをありがとうございます。
確かに去年は、出張(多数)、海外旅行(台湾ですが2回)、ジョグ走、杖無し通勤のトライ、建築探訪など忙しすぎたかもしれません。

健康な時であればまだしも、還暦を迎えた脳出血発症者ですし目まいの常習者としては、忙し過ぎ・急ぎ過ぎ・動き過ぎであることを自覚してもっとゆーっくり・ゆーったり・のーんびりすべきなんでしょね。

性格的に&これまでのライフスタイル的に一気にペースダウンは難しい面がありますが、十分に気をつけます。
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ブログランキング

プロフィール

2014年11月に脳出血を発症したものの、3ヶ月半の入院・リハビリ生活を経て無事に復職。現在も左足麻痺やバランス障害の後遺症が根強く残っていますが、往復4時間半の遠距離・長時間通勤、フィットネスクラブでのトレーニング、近代建築探訪やまち歩き、映画やクラシックコンサート鑑賞などで忙しく出歩いて、日々アクティブリハビリを実践しています。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM