震度6弱の直下型地震発生(体調乱高下、波乱万丈、激動の2週間−3)

  • 2018.06.24 Sunday
  • 16:37

震度6弱−2_450.jpg震度6弱_450.jpg

 

<6/18(月)>

前の週は色々ありましたが、それでも週末には何とか体調は回復して「プライベート・リハビリ」や「動作改善トレーニング」をこなし、更にはレトロ喫茶を楽しんだりミニまち歩きをする余裕もありました。と、まずまず好調だったでしょうか?

し・か・し、この日大阪北部で7:58に発生した震度6弱の直下型地震に遭遇。大きくは新聞やテレビで報道されたりネットで流れている通りですが、記録・記憶のために当日、自分が経験したことを簡単に書くと、

 

・大阪から京都への出勤途中で、いつもとほぼ同じ7:50過ぎに地下鉄御堂筋線の淀屋橋で下車。

・乗り換えのためにエスカレータでホーム階から改札階に上がる。

・トイレに寄る(1、2分)。

・トイレを出て数歩歩いたところで、一瞬「また大きな目まい?」と思うような揺れを感じる。

・その直後、「ド・ドーン!」「ドン・ドーン!」というもの凄い衝撃/揺れが!

 

揺れ自体にもビックリしましたが、数秒?だったせいか周りの人も含めて転倒した人は無かったようです。そして、私が一番記憶に残っているのは「音」でした。「ド・ドーン!」「ドン・ドーン!」「ガッシャーン!」「グワッシャーン!」「ギューン!?」「ガ・ガ・ガ・ガ!?」「ゴ・ゴ・ゴ・ゴ!?」といったような金属音を含む音が聞こえたと記憶しています。表現はなかなか難しいのですけれど。私は衝撃/揺れの直後はもちろん「地震?」とも考えましたが、金属音的なものも感じたせいか「電車の脱線・衝突か!?」との思いの方が強かったです。地階だったために音などは地上よりも響いたかもしれません。なお、MBSのニュースで流された映像に録音されていた音が私が記憶している音に一番近かったです。

 

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180618/GE000000000000023106.shtml

 

・座ったりできるような場所がなかったため、そろりそろりと地下鉄の改札を出て、とりあえず京阪電車の改札の方に向かう。

・その頃、連絡通路では主な照明が消えて薄暗がりのような感じでした。電車がどうなるのか/どうなっているのかよく分からず、地下鉄―京阪間を足早に行きかう人が多かったと思います。

・駅員さんの「先ほど大きな地震が発生」「電車は現在は運行を停止しています」「ホームのお客さんは改札を出てください」といったアナウンスが流れる。

・私は最初、電車は当然止まっているわなあと思いつつも、地下にとどまっていることの危険性にあまりピンときておらず、京阪の改札を入ってエレベータが止まっていたら、階段を使ってホームに下りようかなんて考えていました(汗)。

・そして、「できるだけ早く地上に出てください」といったアナウンスを聞いて、地下にいると状況が分かりにくく、また閉じ込められのリスクありとようやく気付く。後から考えると、電車やエレベータ、地階などに閉じ込められたりしなかったのは本当に良かったです。

 

更に続く予定。

体調乱高下、波乱万丈、激動の2週間−2

  • 2018.06.24 Sunday
  • 09:31

<6/17>

昼過ぎから「フィットネスクラブONE」さんで、1.5時間の動作改善トレーニング。下記写真は使用マシンの一部です。

 

★ディップス.jpg 「ディップス」

 

★ラットマシン.jpg「ラットマシン」

 

★アウター.jpg「アウター」

 

その後、泉大津まで移動して喫茶「プランタン珈琲商会」さんへ。ここも凄い・素晴らしいです。その他、少し界隈を探訪(大津神社他)。純喫茶・レトロ喫茶については別途「ひろの東本西走!?」の方にもう少し詳しい記事をアップ予定です。

 

★P1290184_450.jpg

 

★P1290114_450.jpg

 

★P1290129_450.jpg

 

そして......週明けの<6/18(月)>。

7:58に大阪府北部で発生した震度6弱の直下型地震に遭遇しました。
これも細かく書き出すと長くなりますね。

体調乱高下、波乱万丈、激動の2週間−1

  • 2018.06.24 Sunday
  • 00:03

<6/11・12>

6/11の勤務中に5か月ぶりにかなり大きな目まい発生(年明け早々の「目まい→椅子からの転落」騒動関係記事はこちら や こちら)。1月のような椅子からの転落はかろうじて免れましたが、数秒、意識消失も? とっさに腕・肘で身体を支えようとしたものの、机上に広げていたノートなどを落として、その物音などで周りの人がミニ異変に気付く(汗)。
結局、医務室・和室で3時間ほど休ませてもらった後、この日は一部でタクシーも使ったりして早退。翌日は休みを取ったのですが、自宅で座っているときにも気分の悪さ→大きな目まい→数秒の意識消失?などが発生。えらいこっちゃ!

 

<6/13以降>

歩行時のグラグラ感・大。時おりグラーッとしたり、小さな目まいや何となくまた大きな目まいが起こりそうな感覚、頭がジーンと痺れるような感じや重だるさあり。


<6/14>

体調イマイチだったこともあって「酒はしばらくやめ!」と考えていたのに、仕事の打ち合わせが終わった後、「ちょっとだけやったら大丈夫と違う?」という甘美な誘いに釣られ、社員クラブにちょこっと寄ってビールを2杯(汗)。結果的には楽しく飲食&歓談しました。


<6/15>

大阪→京都へ出社し、午前中は通常勤務。午後から半日休を取って、近鉄・十条→JR・京都→西宮と移動して、1時間半かけて「動きのコツ研究所」さんでの「未来へつなぐ会」に参加。この日も色んな話題が飛び出して終始笑い声が絶えず、大いに盛り上がりました。

 

2018_0615:未来へつなぐ会集合写真(西の先生のfacebookより)_450.jpg

 

終了後、西宮→海老江→西長堀と移動して、かかりつけのS医院受診(診察・薬)へ。大きな目まいのことを報告、相談。一度、「脳波検査」を受けることを奨められる。

 

<6/16>

浴室リフォーム(実はFRPの浴槽底にひび割れが!)の打ち合わせ、契約。その後、前日に続いて西宮へ。「動きのコツ研究所」さんで生野先生のプライベートリハビリ(スペシャルオーダーメイドコース)を受ける。この週は調子の乱れ・大だったため、静かな/基本的なリハビリをお願いしようかなと考えていたら……、次第に調子が戻ってきたのか、廊下でのランにもトライしました。そして、結構早いピッチで走ることができ、ラストはストライドも少し伸ばして&バネを生かしたような走りもできちゃいました!

こちらには動画もアップしています。https://youtu.be/OQVGdzV_-NM

 

★0616ランー1_450.jpg


私は結構麻痺側である左足のグラグラ感、突っ張り・強張り感、痺れなどがあるのですが、どうもこれはグラグラ感などを抑えようとして力が入り過ぎていることに起因しているらしいと判明。様々なことを試して、私の場合は結局、あまり色々意識し過ぎず、左足を出してから体重をかけるときに左足に「おまかせ〜」「後はよろしく〜」的な=本能にまかせるような感じでの歩き方が良さそうとなりました!このあたり、週初めの不調から生野先生のマジック?のお陰で蘇ってしまったような感じで(笑)、生野先生のリハビリは凄い&素晴らしいです!

 

プライベートリハビリ後は最近お気に入りになった近くの「喫茶・七宝」さんでゆったり。更に近所の「神社」なども探訪。この界隈は風情があってなかなかええ雰囲気です。

 

★P1290059_450.jpg 

 

★P1290054_450.jpg

 

★P1290078_450.jpg

 

★P1290091_450.jpg

 

乱調・不調から一転、スピード感のあるランまで回復!

  • 2018.06.18 Monday
  • 21:19

この記事では詳しくは書きませんが、先週の前半は5か月ぶりの非常に大きな目まい発生があって体調がかなり乱れました。しかし、週末には何とか回復し、土曜日の「動きのコツ研究所」さんでの”プライベートリハビリ(スペシャルオーダーメイドリハビリ)”で、生野先生にじっくり見て頂きました。

その結果、リハビリの最後には今までで一番レベルが高いかと思われるこんなランまでできました!

 

https://youtu.be/OQVGdzV_-NM

 

麻痺足(左足)に強ばりや突っ張り感、痺れが発生しないようにリラックス優先の走りを心掛けたため、腕振りなどはリラックスし過ぎであまり前後にきっちり振れていませんが、なかなかのピッチ走です。また、ラストは少〜しストライドを伸ばして&バネ感も感じて走ることができました。あー、気持ち良かった!

乱調・不調から一転してスピード感のあるラン実現まで回復できたのには自分でもビックリで、生野先生、本当にありがとうございました。

 

★0616ランー1_450.jpg

 

共生共走リレーマラソンを走る

  • 2018.05.31 Thursday
  • 00:37

依然、動き回っています。

 

先日は大阪の鶴見緑地公園で開かれた「共生共走リレーマラソン」に参加してきました。

これは健康な人と心身にハンディキャップを持つ人が5時間、一緒に歩いたり走ったりする(たすきをつないぐ)イベントで、スピードやタイム・順位を気にしたり競ったりするレースではありません。私は脳出血発症前から参加していました。昨年も参加しましたが、今年は1周だけではありますが、昨年よりももうちょっとだけ(汗)スピードを上げて走りました。

 

念のためチームの仲間が伴走してくれましたが、ランなのでもちろん杖は使わず&折りたたんでウエストバッグに入れて持ったりもしませんでした。結果は超トコトコ走で約1キロのコースを9分弱で無事に走り切りました。健康なときの半分くらいのスピードですが、これは致し方なし。

 

0527動画から_0450−1.jpg

 

0527動画から_0390−1.jpg

 

0527動画から_0390−2.jpg

 

高石ともやさんとの記念写真です。

 

高石ともやさんとー1_450.jpg

 

高石ともやさんとー2_450.jpg

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ブログランキング

プロフィール

2014年11月に脳出血を発症したものの、3ヶ月半の入院・リハビリ生活を経て無事に復職。現在も左足麻痺やバランス障害の後遺症が根強く残っていますが、往復4時間半の遠距離・長時間通勤、フィットネスクラブでのトレーニング、近代建築探訪やまち歩き、映画やクラシックコンサート鑑賞などで忙しく出歩いて、日々アクティブリハビリを実践しています。

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM